ブログの書き方

ブログのターゲットの決め方は?【集客の秘訣を解説】

当サイトはアフィリエイト広告を使用しています
ブログのターゲットの決め方は?【集客の秘訣を解説】
ブログを書くにはターゲットを決めた方がいいの?集客に効果的な方法を知りたい!

この記事は、上記のお悩みを解決できる内容となっています。

この記事でわかること

  • ブログのターゲットを決めるべき理由
  • ブログのターゲットの決め方
  • ブログのターゲットに合わせた対策

この記事の信頼性

記事の信頼性の証明・運営者YUTOのプロフィール

この記事を書いている僕は、ブログ歴・エンジニア歴10年以上で、当サイトでは、ブログで稼ぐためのノウハウについて発信しています。

  • 「ターゲットを意識して記事を書いたことがない…」
  • 「ターゲットをどうやって決めればいいかわからない…」

といった方に向けて本記事では、ブログのターゲットの決め方を解説していきます。

ターゲットを決めずに記事を書いても、誰にも刺さらない「読まれない記事」となってしまいます。

適切なターゲットを設定し、その層に合わせて対策することで、「読まれる記事」を作ることができます。

YUTO
YUTO
「ブログのアクセス数が増えない…」「収益などの成果が出ない…」といった方は、ぜひ本記事でターゲットの決め方を覚えていってください!

それでは、いってみましょう!

ブログのターゲットとは?

ブログのターゲットとは、サイトに訪れる想定読者のことを指します。

ブログを始める際には、まずテーマやジャンルを決めますが、そのテーマにはメイン層となる読者が存在します。

たとえば、

  • メンズコスメを解説するブログなら、◯代の男性
  • マタニティグッズを解説するブログなら、◯代の女性

といったような感じ。

ターゲットの決定は、特定の読者層に焦点を当てることを意味します。

超簡潔に言うと、「ターゲット」=「ブログを見に来てほしい人」でOK。

記事を読んでもらいたい人を想定し、その人たちの悩みや関心事を理解することが重要です。

YUTO
YUTO
ターゲットを絞り込み、特定の読者層に対して有益な情報を提供することで、ブログの人気と影響力を高めることができます。

ターゲットを決めるべき3つの理由

ターゲットを決めるべき3つの理由

ブログの成功において、ターゲットを決めることは非常に重要です。

ターゲットを決めるべき理由について解説します。

ターゲットを決めるべき3つの理由

  • ブログの集客力が上がる
  • 読者を引き込むことができる
  • SEOでの評価が上がる

①:ブログの集客力が上がる

ターゲットを絞った発信をすることで、ブログの集客力がアップします。

ブログの集客力が向上する理由

  • ターゲットに合わせた記事を書くことで、特定の情報を必要とする読者に的確にサポートできるため。
  • 特定の個人を想定することで、情報の説得力が増すため。
YUTO
YUTO
ターゲットを絞ることにより、記事の目的が明確になり、読者に響く記事を書けるようになります。

②:読者を引き込むことができる

ターゲットを絞って発信することで、読者が記事に集中してくれるようになります。

読者を引き込むことができる理由

  • 読者が自分自身に関係があると認識し、情報の信頼性を感じられるため。
  • 読者にとって、どのような情報を得られるのかが明確になるため。
YUTO
YUTO
ターゲットを明確化することで、読者は自分自身が対象としていると感じ、記事に興味を持つようになります。

③:SEOでの評価が上がる

ターゲットを絞ることで、ユーザーの悩みに的確に答える記事を執筆することができ、SEOでの評価が向上します。

SEOでの評価が上がる理由

  • 読者の悩みや疑問に的確に答えることで、Googleから高評価を受けることができるため。
  • 読者の満足度が高まり、検索結果の上位に表示されやすくなるため。
YUTO
YUTO
Googleは読者の悩みを解決できる記事を高く評価します。また、ターゲットに向けた記事は読者の満足度が高くなり、検索上位に表示されやすくなります。

以上が、ターゲットを決める理由です。

ターゲットを絞ることでブログの集客力が向上し、読者を引き込むことができ、さらにSEOでの評価も上昇するのです。

ブログのターゲットの決め方4ステップ

ブログのターゲットの決め方4ステップ

具体的なターゲット決める手順は下記の4ステップです。

ブログのターゲットの決め方4ステップ

  • ブログのテーマを決める【前提】
  • キーワードを使って絞り込む
  • ペルソナを作成する
  • ターゲットの言葉を探る

①:ブログのテーマを決める【前提】

前提として、ブログのテーマ(ジャンル)を決めておきましょう。

テーマを決めることで、「誰の役に立つ情報なのか」が定まり、ターゲット選びの第一ステップとなります。

ブログのテーマ(ジャンル)の決め方については、下記の記事で詳しく解説しています。

>>ブログジャンルの選び方のコツ5つ

②:キーワードを使って絞り込む

次に、キーワードを使ってターゲットを絞り込みましょう。以下の手順でOK。

  • 書こうとしている記事のキーワードを決める
  • 選んだキーワードから、その人の悩みを考える。(Google検索やYahoo!知恵袋などの情報も参考になります。)
  • 悩みを持つ人の具体的なプロフィールをイメージする。(性別や年齢、関心事に加えて、お得に関心を持つかなども考慮する。)

キーワードの選び方については、下記の記事で解説しています。

>>SEOキーワード選定の方法とコツを解説【4ステップ】

③:ペルソナを作成する

ターゲットをより具体的にするために、ペルソナを作成しましょう。

ペルソナとは、マーケティング用語の一つで、自社の商品・サービスを利用しているユーザー像のことです。
ブログにおけるペルソナとは、「あなたの記事を読んでくれる想定読者像」となります。

以下の要素を考慮して、一人のペルソナを作成しましょう。

  • 年齢や性別
  • 仕事や家族構成
  • 趣味や関心事
  • 悩みやニーズ

ペルソナをもとに記事を書くことで、より具体的な読者に向けてアプローチすることができます。

ペルソナの作り方については、下記の記事で詳しく解説しています。

>>ブログのペルソナの作り方最速3ステップ【完全解説】

④:ターゲットの言葉を探る

ターゲットの言葉や表現を把握することも重要です。

ターゲットと同様の言葉遣いにすることで、親近感のある文章になり、刺さりやすい記事となります。

SNSやQ&Aサイト、掲示板などを活用し、ターゲットが普段どんな言葉を使っているのか調査しましょう。

具体的な方法としては、X(旧:Twitter)やYahoo!知恵袋、掲示板などの匿名性の高い場所での投稿をチェックし、ターゲットが抱える悩みや欲求に関連する単語やフレーズを把握することです。

上記の4ステップで、ターゲットを具体的に絞り込むことができます。

YUTO
YUTO
ターゲットをよく理解し、読者に刺さりやすい効果的なブログ記事を書いていきましょう!

「過去の自分」をターゲットにすると響きやすい

テーマやキーワードから、なかなかターゲットを絞れないといった方は、「過去の自分」をイメージするのがおすすめです。

具体的には、2〜3年前くらいの成長する前の自分を設定してみてください。

過去の自分に向けて書くメリット

  • 情報に説得力がある
  • 悩みをイメージしやすい
  • 経験談をリアルに伝えられる
  • 同じ悩みの人に熱意が伝わりやすい

過去の自分の悩みは、手に取るようにわかるはず。

つまり、「説得力のあるリアルな情報を提供することができる」ということです。

YUTO
YUTO
同じ悩みを持つ読者にとっては、価値のあるありがたい情報になります。

ターゲットをなかなか決められない方は、過去の自分を設定してみてください。

ターゲットに合わせた対策4つ

ターゲットに合わせた対策4つ

ターゲットを作ったら、次に取るべき対策について見ていきましょう。

ターゲットはただ設定しただけでは意味がありません。ターゲットに合わせた具体的な対策をすることで効果を発揮します。

以下に、ターゲットに合わせた対策を解説します。

ターゲットに合わせた対策4つ

  • ターゲットの興味・関心を網羅する
  • 文章の表現や言葉遣いを工夫する
  • 視覚的な要素を活用する
  • ターゲットに合わせたSNSを活用する

①:ターゲットの興味・関心を網羅する

記事の内容を、ターゲットの興味・関心に合わせて決めていきましょう。

YUTO
YUTO
ターゲットが欲しい情報を網羅したうえで、さらにこんな事も興味がありそうといった潜在ニーズについても意識するのがコツ。

  • 顕在ニーズ:読者が自覚している直接的なニーズ
  • 潜在ニーズ:読者の自覚はないが本来求めていたニーズ

顕在ニーズを満たしつつ、潜在ニーズにも当てはまる見出しをプラスすることで、一歩上を行く「読者の満足度を120%」満たす記事作りにつながります。

②:文章の表現や言葉遣いを工夫する

ブログの文章は、「ターゲットと同じ言葉遣い」になるよう意識しましょう。

ニュース記事や解説記事などは堅い文体が基本ですが、ブログの場合だと堅苦しく無個性な文章は、受け入れられにくいです。

ターゲットにとってなじみのある言葉遣いを心がけることで、記事内容も刺さりやすくなります。

ターゲットがよく使うフレーズやワードがあれば積極的に取り入れてみてください。

YUTO
YUTO
読み手が「普段使っている言葉遣い」を意識して、親しみやすい記事にしましょう。

③:視覚的な要素を活用する

ターゲットが好むであろうビジュアル要素を取り入れる事も大切です。

視覚的に情報を伝えるために、画像・写真・図・グラフなどを活用しましょう。

ターゲットの反応もよくなり、画像からのクリック率アップにつながりますし、記事の内容も伝わりやすくなります。

④:ターゲットに合わせたSNSを活用する

ブログの集客にはSNSも重要なツールとなります。

ただSNSを使うだけではなく、ターゲットに合わせて最適なSNSを選び、戦略的に活用しましょう。

各SNSには異なる特徴とユーザー層があるので、以下の情報を参考にしてください。

各SNSとユーザー層の特徴

Facebook:30代以上のユーザーが多く、ビジネス関連のグループやイベント作成が容易。

Instagram:若年層や女性ユーザーが多く、ビジュアルコンテンツに特化。ファッション、料理、ライフスタイルに適している。

X(旧Twitter):幅広い年齢層にリーチでき、リアルタイムの情報発信に優れています。ニュースやトレンドに強い。

LinkedIn:ビジネスプロフェッショナル向けで、B2Bマーケティングに最適。

TikTok:特に若年層に人気で、短尺動画のプラットフォーム。エンターテインメント性の高いコンテンツが求められる。

SNSを活用して情報を発信することで、ターゲットにアプローチしていきましょう。

以上が、ターゲットに合わせたブログ記事作成の対策ポイントです。

YUTO
YUTO
ターゲットのニーズや興味に応えることで、読者に刺さるコンテンツを作っていきましょう。

ブログのターゲットに関するよくある質問

ブログのターゲットに関するよくある質問

最後に、ブログのターゲットに関するよくある質問についてお答えします。

Q1:ターゲットを絞ると読者は減る?

ターゲットを絞っても読者が減る心配はありません。

ターゲットを絞ると、そのぶんだけ読者も減ってしまうのでは?と考えられがちですが、実際は逆です。

広い読者に向けて書くよりも、ターゲットを絞って書いた記事の方が読まれる記事となります。

広いターゲットに向けて記事を書くと、ポイントがぼやけてしまい、ハッキリしないあいまいな文章になってしまいます。

特定のターゲット向けた記事を書くことで、伝わりやすい記事となり、他の多くの人にも届くようになります。

YUTO
YUTO
ターゲットを絞って記事を書くことで、特定の読者層のニーズに的確に応えられるようになり、信頼性と満足度の高いコンテンツを提供できるようになります。

Q2:ターゲットが合っているか確認する方法は?

ターゲットを決めて記事を書いた後は、PV数(アクセス数)や検索順位を確認しましょう。

検索順位チェックツールを使うことで、自分が決めたターゲットがGoogleにどのように評価されているのかを確認できます。

上記の画像は「GRC」という検索順位チェックツールの使用例ですが、低価格で使いやすいのでおすすめです。

>>GRCの公式ページはこちら

まとめ:ブログのターゲットを決めて戦略的に記事を書こう!

まとめ:ブログのターゲットを決めて戦略的に記事を書こう!

今回は、ブログのターゲットを決めるべき理由から、ターゲットの決め方・対策を解説しました。

最後におさらいすると、下記の通りです。

🔽

ターゲットを決めるべき3つの理由

  • ブログの集客力が上がる
  • 読者を引き込むことができる
  • SEOでの評価が上がる

ブログのターゲットの決め方4ステップ

  • ブログのテーマを決める【前提】
  • キーワードを使って絞り込む
  • ペルソナを作成する
  • ターゲットの言葉を探る

ターゲットに合わせた対策4つ

  • ターゲットの興味・関心を網羅する
  • 文章の表現や言葉遣いを工夫する
  • 視覚的な要素を活用する
  • ターゲットに合わせたSNSを活用する

以上のノウハウを活用すれば、自信を持ってターゲットを絞り込めるようになります。

ターゲットがなかなか決まらない時は、「過去の自分」に設定すればOKです。

ターゲットを意識したブログ運営を心がけることで、より読者に刺さりやすいコンテンツ制作が可能になります。

YUTO
YUTO
やみくもに記事を書くのではなく、「読まれる記事」を量産して、ブログを成長させていきましょう!

\稼げる記事の書き方徹底解説/

ブログの書き方完全マニュアル

※クリックするとブログの書き方の記事へ移動します

\便利ツールで効率的に運営・収益化しよう!/

ブログ運営おすすめ最強ツール20選

※クリックするとおすすめツールの紹介記事へ移動します

当ブログで使用しているWordPressテーマ

AFFINGER6

※本気で稼ぎたい人に使って欲しい、収益化実績ダントツのテーマです。

>>AFFINGER6公式ページはこちら

  • この記事を書いた人

YUTO

ブロガー、SEOコンサルタント、エンジニア。
北海道大学 工学部卒。
ブログで稼ぐためのノウハウを発信中。WordPress / SEO / アフィリエイト / Webライティングなどを解説しています。

-ブログの書き方